格安スマホ業界に革命は起きるか mineoの挑戦とは

格安スマホ業界に革命は起きるか mineoの挑戦とは

Y!mobileやIIJmio、DMM mobileなど、格安でスマホを使えるサービスを提供する業者(MVNO)は多々あります。各々、通信容量や料金プランなどでしのぎを削っておりますが、2015年9月にある挑戦を行うMVNOが現れました。そのMVNOこそ、ケイ・オプティコムが率いる「mineo」。果たして、mineoはどのような挑戦を行ったのでしょうか。

 

有名な話として、NTTドコモとソフトバンクのデータ通信方式と、auのデータ通信方式は異なることが知られています。そのため、auのスマホと格安スマホ用のSIMカードを手に入れても、SIMカードがauのデータ通信方式に沿わなければ通信することはできません。格安スマホサービスを提供している業者のほとんどは、NTTドコモの通信網を借りる形で、格安でデータ通信・通話をできるようにしています。

 

その中でも、「IIJmio」や今回取り上げる「mineo」はauの通信網を使うことで、auのスマホでも格安スマホライフが送れる珍しいMVNOだったりするのです。

 

さて、2015年9月にmineoが行う挑戦。それは、NTTドコモ向けのサービスを始める、ということであります。純粋に便利なのはもちろんですが、「マルチキャリアを扱うMVNOが現れた」という事実自体が、かなり大きな事件なのです。2つのキャリアに対応したということは、NTTドコモ・auのスマホ、どちらを持っていても格安スマホとして扱えるということ。

 

「料金だけで無く、対応キャリアの数でも競い合う」という、MVNO間の競争要素がまた一つ現れたと言えるでしょう。格安スマホながら2キャリアに対応するという、mineoの新しい挑戦。果たして、他のMVNOが追従するのか、今後の格安スマホ業界に要注目です。